鼻ニキビ 皮膚科

鼻ニキビを皮膚科での治療が効率的!?

 

ニキビ

 

「赤みがあったり、膿が白い芯のようになって痛みがある」、ニキビといっても症状は様々で同じ肌の上でもひとくくりにできない場合が多いです。

 

また治ったけどニキビ跡が気になる、できかけのニキビを何とか抑えたいという進行度が異なることもニキビ治療が難しい原因のひとつとされています。

 

 

「どうしたら分からないけれども、何とかしたい」と思ったら、皮膚科でニキビの専門治療を受けるのがキレイに治る最短距離なのです。

 

ニキビ薬は市販されていますが、やはり処方薬の方が効果は早いし、ニキビだけと思っていたら蕁麻疹や湿疹も併発している場合もあり市販薬では悪化させてしまうケースもあります。

 

皮膚科でも総合病院の区分ではなく、シミ等のレーザー治療を行う美容皮膚科を掲げているクリニックであればドクターがニキビの事例を多く診ていることや「治療してキレイにする」という点を重視しているので相談しやすいことも治療に励むモチベーションになるでしょう。

 

皮膚科に通院するメリット

 

ニキビ治療で皮膚科に通院するメリットは「ニキビ跡」の治療は医療機器を使うことがよく効くからです。

 

ニキビ跡の多くは炎症部位の色素沈着によるものですが、色素沈着であるシミはレーザー治療やビタミンC導入を医療機器で行うことで取り除くことができます。

 

料金については美容皮膚科でも必ず問診時に保険適用で行うのか、自費治療でもいいのかということを確認します。

 

 

現在進行形のニキビ治療は保険適用内で処方箋を出してもらうというケースが多いのですが、ニキビ跡については保険適用外となることが多いです。

 

その場合にいくらかかるのか必ず治療前に説明があります。

 

 

「ニキビくらいで皮膚科に通うなんて」と思わずに、根本的に治療して肌をキレイにしたいと思うのであれば通院して保険適用治療と自費負担を上手く組み合わせるのが、結果として最短期間で効果が出るし、様々な基礎化粧品をラインで揃えて試すことに比べたら
最安値といえるでしょう。

 

毎日鏡を見てニキビの存在に気が沈むのであれば、皮膚科で相談してみましょう。